« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木)

シャンパン食堂の洋食屋さん/大阪市中央区西天満

シャンパン食堂の洋食屋さん/大阪市中央区西天満 先日、御堂筋大江橋の袂にある『シャンパン食堂の洋食屋さん』(大阪市中央区西天満)に行ってきました。

ここは店名にもある通りシャンパンを美味しくいただくためのビストロで、イタリアンなど手軽にいただけます 注文はコースでなく、アラカルトで いただいた中で最もお薦めは、ムール貝のシャンパン蒸し いただいた後はリゾットにできるのですが、これが絶品 それとトリュフコロッケとカニクリームコロッケ 同じ系統ですが、ついつい食べたくなります

どれをいただいても満足できるものでした 何よりも嬉しいのが、禁煙で料理をいただけるところです 美味しくいただくのに、タバコの煙は不要ですから

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

夫婦善哉/大阪市中央区難波

夫婦善哉/大阪市中央区難波 前回ご紹介したはり重グリルをいただいた後に、お伺いしたのが『夫婦善哉』(大阪市中央区難波)です。

法善寺横丁のすぐ側にあるお店で、現在の店舗は2006年にビルの1階にできましたが、元々は法善寺横丁にある善哉屋さんとして有名なお店です メニューといっても温かい善哉と冷たい善哉、温かい善哉に栗の入ったものといたってシンプル 温かいノーマルと栗入りを1つづつ注文 上品な甘さで美味しくいただけましたが、値段の高さがネックかもしれません 法善寺横丁というシチュエーションを考えると、仕方ないのかもしれません

帰りには水かけ不動さんにお参りしました そう言えば30数年前、食べ歩きをしていた先輩と一緒に寿司屋さんへ行った際、先輩が連れてきた入社直後の嫁さんと初めて喋ったのはここ法善寺横丁でした 月日が経つのは早いものですね

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

はり重グリル/大阪市中央区道頓堀

はり重グリル/大阪市中央区道頓堀 先日所用で難波に行った際、夕食にいただいたのが『はり重グリル』(大阪市中央区道頓堀)です。嫁さんから洋食のリクエストがあり、子供の頃よく行ったこのお店に久しぶりにお伺いしました。

はり重は創業100年を超える黒毛和牛のすき焼きやしゃぶしゃぶが有名ですが、そのはり重が大正8年にオープンしたのが同店です 本来であればステーキやハンバーグがお薦めとなるところですが、魚好きの私は白身フライを、海老好きの嫁さんはエビフライをチョイス ライスとともに各々ポタージュスープとコンソメスープを追加しました

味はいたって実直、オーソドックスです 付け合わせのポテサラまで懐かしい味でした 店内は昔から変わらず古き良きものが残された状態で、ゆったりといただきました 敷居が高そうな雰囲気ですが決してそんなことはありませんので、一度伺ってみてください

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

油そば専門店 歌志軒 JR西宮駅前店/西宮市池田町

油そば専門店 歌志軒 JR西宮駅前店/西宮市池田町 昨年の秋に、名古屋にあるチェーン店が西宮にオープンしました。国道2号線JR西宮駅前交差点を西へ行ったところにある『油そば専門店 歌志軒 JR西宮駅前店』(西宮市池田町)です。

食券購入方式で、一番人気とある油そばに焼き豚丼とあっさりスープのついたセットを注文 油そばは、油と少量のタレに麺が乗っており、これにラー油と酢を好みで入れ、一気にかき混ぜて食べるスタイルです 麺は緩やかなウェーブのかかった中太麺、ラー油と酢は好みの量を入れます 食べた印象ですが、不味くもなく美味しくもなくという印象 一口二口と食べ進むうちに飽きてきました 結局、あっさりスープへつけ麺のように入れて食べ、何とか完食しました

正直な感想として、同じお金を出すのであれば他のお店に行くと思います 基本的に台湾まぜそばもしるな汁なし担々麺も好みでなく、この油そばも同系統です 強いて挙げれば、汁なし担々麺よりもマシだと思います

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

eS LIVING hanare(エスリビングハナレ)/三田市ゆりのき台

eS LIVING hanare(エスリビングハナレ)/三田市ゆりのき台 先日、以前から行きたいと思っていた『eS LIVING hanare(エスリビングハナレ)』(三田市ゆりのき台)に行くことができました。エスコヤマの敷地内にある、カフェです。嫁さんの休日が水曜と日曜で、エスコヤマは通常水曜が定休日、日曜は入れたものではありません。しかしバレンタインシーズンは水曜が営業されるため、このお店も開いておりお伺いすることができました。

私のチョイスはタルトズコット、嫁さんのチョイスはフォンダンショコラ タルトズコットはチョコパイの生地にカスタードクリーム、その上からジェノワーズショコラとクレームズコットが盛られており、その中にはピスタチオ、アーモンドやヘーゼルナッツが入っており、美味しの極み ちなみに嫁さんのフォンダンショコラも、流れ出る生チョコレートが絶品 これはテイクアウトがありませんので、この店でしかいただけません

一度いただくと、またいただきたくなります 機会があれば是非再訪したいと思います ちなみにチョコが販売されているRozillaで、大好物のフィアンティーヌが販売されていました 昨年から販売されなくなったのですが、この時期限定かつRozillaでしか販売されていないとのことでしたので、今年のバレンタインとしてお願いするとともに、自分でも3箱買って帰りました

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

酒とうどん一福 大阪本店/大阪市中央区谷町

酒とうどん一福 大阪本店/大阪市中央区谷町 先日、大阪城で開催されている大阪城ナイトウォーク『サクラルミナ』へ行った帰りに寄ったのが『酒とうどん一福 大阪本店』(大阪市中央区谷町)で、高松の国分寺にある讃岐うどん店がチェーン展開しているお店です。

注文は寒かったので私はカレーうどんを、嫁さんはかけうどんを選択、トッピングに天ぷら数種とうどん屋鉄板のおでんをいただきました うどんは少し細めですが、コシもありながらシャキッとしています カレーうどんはあまり辛くなく、出汁の感じられるもの、かけうどんの出汁は讃岐うどん特有のいりこ出汁ではなく、鰹出汁が勝っておりいりこが弱く、大阪の味覚に合わせている感じですが、レベルの高さが伺えます 残念だったのが天ぷらで、夜にお伺いした関係もあるかと思いますが、かなり酸化しており少し胃もたれしました 油が新しければと、少し残念でした

本場の讃岐うどんはセルフ形式が多く、こすとコストパフォーマンスが高いのですが、何故讃岐地区を離れると高くなるのでしょうか 以前、四国担当をしており、その際讃岐うどんのお店を沢山廻っただけに違和感を感じます

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

旬野菜 聖護院/大阪市福島区福島

旬野菜 聖護院/大阪市福島区福島 先日仕事の関係先の方との会食でお伺いしたのが旬野菜 聖護院/大阪市福島区福島です。

阪神やJRの福島駅から、徒歩5分程度のところにある人気のある炉端です 中央卸売市場に近いこともあり、魚メニューが多種 特に囲炉裏焼きは豊富で、名物のまぐろの希少部位(背びれや腹びれ、あご肉)、塩サバやカレイなどいずれも絶品 値段は張りますが、のどぐろは至極の逸品で骨の隙間までしゃぶり尽くしました 肉も好きですが、魚好きの私にとっては天国のようなお店です

日本酒の種類も豊富で、魚好きであれば是非お薦めできるお店の一つです

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »