2019年6月20日 (木)

琵琶湖南湖/ガイド釣行

琵琶湖南湖/ガイド釣行 昨日、超繁忙期中で今月唯一の休日💦 休日と言えば琵琶湖、という訳でJB TOP50メンバーでルアーショップ擬似餌屋の青木さんのガイドで琵琶湖へ釣行しました🚢

本来ならば梅雨入りしバスの活性が上がる時期ですが、梅雨前線は南方海上から北上しないまま晴天の続く日々で、数日前から琵琶湖で放水が行われていない状況😠 続く藻刈りの影響で、リーズのある場所に船団ができる状況⤵ 船団に到着し周囲を観察しても、明らかに釣れていない状況😖 となると強い釣りでということで、デプスのサカマタシャッド8インチのノーシンカーでジャーキングの強い釣り👊 直ぐに回答があり、40upを連発❤ Megabass F6-69XHT1000改(ダブルフット、セパレートグリップ擬似餌屋チューン)、GRAVIUS 1st ANNIVERSARY LIMITED RHの組み合わせは私のフェイバリットです☀

午後からはジャーキングで反応が薄くなったことから、ゲーリーヤマモトのレッグワームのダウンショット、すると一発回答で50upをキャッチタックルはMegabass F1-63XS(LYCAON P3)改、シマノストラディックCI4+C2500Sでした☀ それにしても、アタリが僅かしかなく、子バスも釣れませんでしたが、何か理由があるのでしょうか⁉

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

琵琶湖南湖/ガイド釣行

琵琶湖/南湖ガイド釣行 先日、JB TOP50メンバーでルアーショップ擬似餌屋の青木さんのガイドで琵琶湖へ釣行しました🚢 今月唯一の休みはやっぱり釣行です😃

既にアフタースポーン、この日は晴れたり曇ったりですがやや風が強く釣りにくい条件でした💦 アフターですのでライトな釣りに徹し、結果的には40upの良型を中心に2桁の釣果となりました✋

この日のメインタックルは、Megabass F1-63XS(LYCAON P3)改、シマノソアレCI4+C2000PGSS、reinsカーリーカーリーのダウンショットリグでした☀ 少しずつリーズは生えてきているものの、直ぐに藻刈りするので一向に生え揃いません⤵ 溶存酸素量も少なく、これでは水質は改善されませんね💧

| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

琵琶湖/南湖ガイド釣行

琵琶湖/南湖ガイド釣行 先日、JB TOP50メンバーでルアーショップ擬似餌屋の青木さんのガイドで琵琶湖へ釣行しました 月に一回取れるかどうかの休日はこれに費やします

前日は大雨、強風に気温低下とバスも人間も活性が低下する状況です とりあえずこの時期に好成績なポイントへ入り、40upを含む2本を何とかキャッチすることができましたその後、強風のため風の弱い箇所を回りますが、フィッシュアラームも鳴らない状況

結果的にそのあと追加することはできませんでした しかし青木プロは濁りの入ったシャローで55cmを筆頭に数本をキャッチ さすがトッププロという内容でした この日のメインタックルはF1-63XS(LYCAON P3)改、ソアレCI4+C2000PGSS、レッグワームのダウンショットでした

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

淡路市育波/野池陸っぱり釣行

淡路市育波/野池陸っぱり釣行 先日仕事で淡路島へ行った際、野池を見るとロッドを振りたくなるのが悲しい性 昼休み時間の空き時間20分しかないのに、昔よく通った野池へ行きました

セレクトしたリグはジャッカルのデラクー1/4oz 1投目から連続ヒット 但し、サイズはバラバラで35cmを筆頭に、最少は写真にもある通り15cmを切るサイズ

僅か20分間で17匹と楽しめる結果に それにしてもサイズを問わず釣れると言われたデラクーですが、本当にそうだったのですね 但し、サイズが選べないのが難点ですが

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

淡路市木曽上/野池陸っぱり釣行

Bass066 先日、仕事で淡路島へ行きました。お昼休みは1時間、僅かな時間でもロッドが振りたくなるのが悲しい性 昼食をコンビニで済ませ、いつもよく行く野池に行きました

猛暑の上に真昼間という条件での狙いは、オーバーハング下になります ラバージグをスキッピングで送り込むと一発で回答がありました しかし、上がってきたのは20cmのマイクロバス

その後も粘りましたが、同じサイズを追加した時点でタイムオーバー 次はいい時期に行きたいものですが、そう上手く仕事が入れば良いのですが

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

琵琶湖/南湖ガイド釣行

Bass065 先日、JB TOP50メンバーでルアーショップ擬似餌屋の青木さんのガイドで琵琶湖へ釣行しました 月に一回取れるかどうかの休日はこれに費やします

梅雨も明けグングンと気温の上がる時期、水温は29℃を超え、アオコも発生する厳しい状況 朝一は船団ができているボディーウォーター付近でデプスのメンバー用ハネモノでチェック 1バイトはあったものの、結局乗らず その後、要所を回るもなかなか厳しい状況

結果的に東岸シャローの地形変化のあるところで54cm、2.5kgのグッドコンディションをGET この他、42cmを始めとする納得の結果でした この日はどこも厳しい状況だったことから、まずまずの結果でしょう この日のメインタックルは、Megabass F4-66X(CYCLONE)、アンバサダーLT(WELDACTチューン)、スワンプマグナム(レイン)のネコリグでした

この厳しい時期にポイントを絞り込み、きちんと釣果をもたらされる青木プロに感謝です

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

琵琶湖/南湖ガイド釣行

Bass064 先日、JB TOP50メンバーでルアーショップ擬似餌屋の青木さんのガイドで琵琶湖へ釣行しました 何とか休日を工面しての釣行です

アフタースポーンから回復期となり、天候も小雨でかなり期待できる季節 となると狙うポイントは地形変化にリーズが絡むボディーウォーター ただ気になるのが訳のわからない濁り

結果ですが、56cmの回復のオスをGET この他、45cmを始めとする納得の結果でした この日はどこも厳しい状況だったことから、まずまずの結果でしょう この日のメインタックルは、Megabass F1-63XS(LYCAON P3)改、シマノソアレCI4+C2000PGSS、カーリーカーリー(レイン)のダウンショットリグでした

濁りの原因は大規模な藻狩りで影響ではないでしょうか 先日烏丸半島一体のハス畑で、ハスが消滅した記事がありました 当初外来種のミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)の影響を指摘する記事があったものの、今回の調査では粘土層の消失、前回の調査では酸素不足が指摘されていました 藻狩り自体、水中溶存酸素量を減らすのでないでしょうか 藻が沢山あった時代、水深4mの底まで見えているほどきれいな水だったのに、最近では1mのシャロ―でも底は見えません 適度な藻狩りは必要ですが、必要以上の藻狩りは琵琶湖に悪影響を与えることは本当にないのでしょうか

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

琵琶湖/南湖ガイド釣行

Bass063 先日、今年からJB TOP50へ昇格されたルアーショップ擬似餌屋の青木さんのガイドで琵琶湖へ釣行しました 昨年の秋に釣行してから久しぶりの琵琶湖です

朝は凪で釣りはし易かったものの気温が低く反応はやや鈍い状況、時間経過とともに風が強くなり釣りはし難い状況でした 藻刈りの影響なのかわかりませんが、魚探にウィードが全く映らない状況で、どうやら状況はかなり厳しい状況のようです

結果ですが、近江大橋北側と北山田でで40upを3本と、厳しい状況の中ではまずまずの結果でしょう この日のメインタックルは、Megabass F1-63XS(LYCAON P3)改、シマノソアレCI4+C2000PGSS、レッグワームのダウンショットリグでした

後日わかったことですが、この日は広範囲に電気ショッカーボートが出ていたそうです 水中で電気を流し、気絶して浮いてきた外来魚を掬っていくとされています 大きな個体は気絶して浮いてくるでしょうが、小型の在来魚やエビなど致死して浮かんでいるのが現状です 外来種だけを駆除するのではなく、在来種までもが駆除されているのは如何なものでしょうか 多額の税金を投入して、結果的に琵琶湖の環境を変化させているのは良いのでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

淡路市育波/野池陸っぱり釣行

Bass062 先日仕事で淡路島へ行った際、仕事の合間に空き時間ができました するとロッドを振りたくなるのが悲しい性で、昔よく通った野池へ久しぶりに行きました

セレクトしたリグはマイフェイバリットであるゲーリーヤマモトジャンボグラブのテキサスリグ 岸側から落ち込むブレイクを責めると早速反応があり、上がってきたのは25cm前後の元気なバスです その後30分程楽しみ、結果的には5匹と短時間の割には楽しい時間を過ごすことができました

但し、ジャンボグラブでこのサイズはなんでやねんといったところです 狙い場所が悪いのかもしれませんね

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

琵琶湖/南湖ガイド釣行

Bass060 昨日マスターズのプロ、ルアーショップ擬似餌屋の青木さんのガイドで琵琶湖へ釣行しました 6月に釣行してから久しぶりの琵琶湖です

前日のまでの雨、藻刈りの影響で濁りも入りやや厳しい状況 シャローエリアは抹茶オーレー状態です

結果ですが、カネカ沖のボディーウォーター付近で40upを2本、子バスは果てしなく釣れ続け、青木プロと二人で50本以上という結果でした この日はどこも厳しい状況で釣れていないとのことだったことから、まずまずの結果でしょう

この日のメインタックルはF3-67X(EIGER NORTHWALL)、アンバサダーLT改(WELDACTチューン)、スワンプクローラーのネコリグでした

それにしても、藻刈りを始めてからの琵琶湖は濁りしかありません ウィードはいっぱいだったころは、深さ3mのところでも底が見えるほどキレイでした いまでは濁っていますので、明らかに水質が悪くなり、アオコの発生も大量です ハス畑が育たないとテレビで紹介されていましたが、県はミドリガメが原因と考え専門家に調査して貰ったところ、ミドリガメが原因ではありませんでした ハス畑も見ましたが、明らかに水質が悪く濁りの影響ではないかと考えます 多額の税金を投入して、結果的に琵琶湖の水質を悪化させているのは如何なものでしょうか

| | コメント (0)

より以前の記事一覧